調査報道に特化したメディア「ワセダクロニクル」が話題だ。

 編集長の渡辺周(まこと)氏は「調査報道とは研究とか調べ物という意味ではなく、英語でいうと『Investigative report』という意味で、つまり捜査」。ただ調べて書くのではなく相手が隠したがる不都合な真実を自分たちの取材で明らかにするという。「明日わかることを今日書くのではなく、放っておけば埋もれたままになる不都合な真実を暴露するのが調査報道」と説明した。

 なぜ調査報道メディアを立ち上げたのか。「今のメディア状況を見ていると『リスクを取らないリスク』が大きくなっていて、特に調査報道に関しては相手から訴えられる場合もあるし、手間暇かけてもモノにならないときもある」。取材し報道した結果、部数や視聴率につながらずリスクも高いという。

 「だからこそ読者や視聴者のかわりに血まみれになるのがジャーナリストの仕事のひとつ。リスクがあるからこそやる。リスクを取るということは非常に大事」と話した。

 気になる運営資金についてだが、世界の調査報道と同じく「寄付モデル」で成り立っているという。渡辺氏が視察に行った韓国ではスクープを放つたびに寄付が集まっていたといい「クラウドファンディングという新しい仕組みが世界中で出来つつある。これを利用しない手はない」。ワセダクロニクルでも寄付モデルに活路を見出し目標としていた350万円を超える434万3400円が集まった。

 日本のメディア界でも稀有な存在になりつつワセダクロニクルだが、ライバルというものは意識していないといい「横を見るのではなく前を見たほうがいい。我々の相手は取材相手であり不都合な真実を隠している取材対象」。2月には医薬品の記事をめぐって電通と共同通信の金銭のやりとりを報道し「今回、発信を始めて思ったのが共同通信も自分たちで膿を出して自浄作用を発揮しないし説明責任を果たさない」と振り返った。

 今後の活動については非営利の調査報道の団体が協力し合う、グローバル調査報道ネットワーク「GIJN」(Global Investigative Journalism Network)への加入を日本第一号として目指しており「外国と連携しながら国内のジャーナリストも同じ職業人として連携していく拠点になれたら。腹をくくったもの連合として、そういう人たちが集まれる場所でありたい。そうやって厚い壁を崩していきたい」と話した。(Abema One Minute Newsより)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170402-00010004-abemav-soci

コメント一覧
近年 マナー専門学校等では出自不明の講師が礼儀作法を教えています。 
その結果 マスコミや大企業間では今や 朝鮮式作法が蔓延しています。
あなたの会社でも・・・
https://www.youtube.com/watch?v=cWIju81b8rM
朝鮮式礼儀作法(コンス)とは・・
https://www.youtube.com/watch?v=g6NH8WHp7KA
日本の正しいお辞儀・礼儀作法 
http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/9a27c5b8a0672c6de4612a71050c2560
日本式と朝鮮式で違うお辞儀と飲み方
https://www.youtube.com/watch?v=szgSa0k0zWI
※ 今や 日本の伝統文化は消滅の危機に瀕しています。
韓国を視察する時点で信用ならんわ

どういう観点から視察する気になったんだよw
>>2
半島が日本を呑み込んで一体化しようとしてるんだすよ

小売も地元はみんな日本式お辞儀は駆逐されて「コンス」一択になってきた、「共生」っていってるのにやってることは「日本撲滅」なんだよね

騙しだよ、酷いやり口
その通り。今のは報道は、誰が何お言ったかばかり。問題の分析も、真相の
究明も全くない。小池知事や稲田防衛大臣の虚言、籠池氏の作り話ばっかり。
サッサと真実を報道していれば、直ぐに収束する話ばっかり。北朝鮮、中国、
ロシアに対する心構えが必要なのにヒントとなる情報がかっらっきしない。
これでは国民はアホになるしかない。その裏で、野党は言いたい放題煽動中。
【マスゴミ】千葉県の女児遺体遺棄事件の取材を断られ、家の壁を蹴ったマスコミ判明! [無断転載禁止]©2ch.net・
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1492427632/
>>3
最初の標的が共同通信と電通だからわからんよ。
韓国と聞くと条件反射でパヨク認定するのは良くない。