少々遅れぎみですが今年も始めます。

弐〇〇五年度二輪脱出路工事絵詞

なんか去年と違う名称のような気がするが気にしない。



毎年毎年やっているもんだから、やっぱり「力」が付いてきてます。やるたんびに「去年より楽」と感じるんす。いい傾向だ ♪
3月の陽気で緩んだ雪を角スコでざくざく切れ目を入れ、ぽいぽいとほうり投げてゆく。湿っているから重いけど、作業はやりやすい。来年もこれくらいの時期にやろう。
落ちてくる事を承知で作業を進めたけど、やっぱりなだれ落ちてきた屋根の雪。



わかってはいても、物置の扉が見えてきて気分が乗ってきた時にドサドサドサーッとやられると萎える。
そろそろ、ほうり投げるのがしんどくなってきたのでママダンプ出動。
今日のところは、扉の窓が全部見えたところで終了。ママダンプを置いてある雪面から屋根の縁までは約2メートル。てことは?残り70センチはあるのね・・



続きます。後日。